ユピテルクエストが私たちに教えてくれること

木星(木星、ラテン語:Jupiter)は太陽系の5番目の惑星であり、最大の惑星である。太陽の質量の千分の日かけるに達する巨大惑星で、太陽系の他のすべての惑星を合わせた質量の約2.5倍に達する。木星は土星と同じように巨大ガス惑星である。(天王星と海王星は巨大氷惑星)。木星は古代の天文学者たちにもよく知られていたが、[1] ローマ人は木星にローマ神話の新人ユピテルの名前を付けた。[2]東洋で木星の名称は五行の一つである木(木)から由来された。セソン(歲星)とも呼ぶ。木星は、地球から見たとき、一見評価が-2.94に至るので、反射光が影を形成するのに十分な明るい。[3]だから木星は夜空で平均的に月と金星次、すなわち第三に、最も明るい天体に該当する。

木星は、主に水素で構成されている。ヘリウムは、木星をなす全体の分子数の十分の一程度を占めるが、木星の質量の四分の一を占めている。そして木星は中原所からなる岩石型核を持っており、[4]他の巨大惑星のように明確な固体表面がない。クイック回転に起因惑星の形はピョング(赤道の膨大部がやや目立つ)の形である。郊外大気は緯度に応じていくつかのチドゥルに目に見えて区別されるが、互いに相互作用する境界線に沿って発生する乱流と嵐によるものである。それにより生じた有名な結果には大赤斑があり、大赤斑は、少なくとも望遠鏡を通して最初に観測された17世紀から存在した巨大な嵐だ。木星の周辺はかすかな環系と強力な磁気圏がある。木星は1610年にガリレオ・ガリレイが発見した最も大きな四つのガリレオ衛星を含む少なくとも67個の衛星を持っている。これらの中で最も大きなガニメデの直径は地球の水性の直径よりも大きい。

木星は、複数の時期に無人探査機を介して探査されてきた。その中フライバイミッション期間中の初期のパイオニアとボイジャーと以後のガリレオ 軌道プローブが最も有名である。2007年2月の終わりにニュホライジュンスが木星の重力を利用して加速して軌跡を冥王星に変更した。木星の最新の探査したプローブは、2016年7月4日に木星に到達したジュノーある。今後の首星系探査対象はヨーロッパの表面の下にある液体の海である。

地球とその周辺の惑星は木星との衝突により破壊された太陽の近くのスーパー地球の残滓から形成された。科学者たちが対戦が仮説(Grand Tack Hypothesis)と呼ばれる仮説によると、木星が太陽系の内側に浸透しつつ重力による引っ張りと引くことにより、スーパー地球の軌道が重なって始めながら、これらの間で複数の衝突が発生した。

天文学者たちは、いくつかの惑星からなる約500個の太陽系を発見し、これらの系は、主に地球より数倍以上大きな質量の惑星(スーパー地区)を1つ以上含み、水性よりも近い距離で母性の周辺を公転している。木星のような巨大ガス惑星また、多くの場合摩耗性と近くにあります。 木星が太陽系の内側からスロー出地球を含む内惑星が形成されることがあった。

木星の上層部の待機は約88〜92%の水素と8〜12%のヘリウムで構成されている。ちなみにこれは、数密度組成比であるが、ヘリウム原子が水素原子よりも4倍重いので質量比で組成記述するとき、他の原子によって組成が変わるためである。質量による木星の大気は約75%の水素と24%のヘリウムで構成されており、残りの日数パーセントだけが、他の元素で構成されている。木星の内部はミルハン物質で構成されているが、その質量の約71%が水素、24%がヘリウム、5%が他の元素で構成されている。木星の大気は微量のメタン、水蒸気、アンモニア、ケイ素化合物を含んでおり、また、微量の炭素、エタン、硫化水素、ネオン、酸素、ホスフィン、硫黄などで構成されていることもある。大気の最も外側の層は、氷のアンモニア決定を含んでいる。赤外線と紫外線の分析を通しは微量のベンゼンと炭化水素が発見されることもある。

木星の質量は、太陽系の他のすべての惑星を合わせた質量の2.5倍で、太陽と木星の重心が太陽の中心から1.068 太陽半径、すなわち太陽の表面上に定着するように非常に重い。木星はサイズが地球よりもはるかに大きいが、密度はかなり低い。木星の体積は地球の約1,321倍であるが、質量は地球よりわずか318倍しか大きくないからである。木星の半径は太陽の半径の約1/10倍であり、その質量は太陽の質量の0.001倍である。したがって、両方の天体の密度は似ている。[18]木星の質量(M JまたはM jup)は、他の天体は、特に太陽系外惑星と褐色矮星の質量を記述する際に、多くの場合に使用される。例えばエイリアンの惑星HD 209458 bの質量は0.69 M Jであり、アンドロメダ座カッパbの質量は12.8 M Jである。

大赤斑のような嵐(oval)は巨人のナンリュソン 待機でよく発生する。木星また、名前がつけられないほど小さな茶色と白の嵐を持っている。白嵐は比較的冷たい上層部大気の雲を含む傾向があり、茶色の嵐は暖かい"普通の雲の層」に位置している。これらの嵐は数時間程度短く持続したりすることができ世紀まで持続することができる。 ボイジャーの探査で大赤斑が一つの嵐だったことが知られている前に、大赤斑が他の部分の大気に別の方向に回転して、時々速くなったり遅く回転することにより、惑星の表面の任意の深い特徴と関連付けられていなかった強力な証拠があった。 2000年に木星の南半球で発生した大気現象は、大赤斑の外観と似ているが、それより小さいのに、三つの小さな白い卵型の嵐に(1938年に初めて観測される)がマージし、より大きく作られたものである。この嵐はオーバルBAと命名され、ジュニア滴点(Red Spot Junior)というニックネームが付けられた。オーバルBAは色の強度が増加したので、色が白から赤に変化した。